仙台・宮城県の塗装はペイントスタッフ!1級建築塗装技能士、雨漏り診断士

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-97-3443
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム

雨漏りのニ次被害のついて

雨漏りは症状の段階によって「一次被害」と「二次被害に」分類され、二次被害まで行くと雨水が侵入するだけではなく、建物全体にあらゆる影響を及ぼします。

このページでは、一次被害と二次被害の症状などを紹介します。大切なお家を守るためにも正しい知識を身に着け、雨漏りが発生しているサインを見逃さないようにしましょう。

一次被害の症状


一次被害とは、外壁や屋根など建物外部の破損やひび割れなどによって、雨水が建物内部に浸入することです。

破損やひび割れなど建物に隙間が発生する原因は、経年劣化や雨仕舞いの不備、自然災害による影響が挙げられます。


二次被害の症状

二次被害は、一次被害の雨水が侵入する症状が原因で建物全体に支障が出る被害です。一次被害に気が付いた時には、すでに二次被害も進行しているケースが多く、最も家の価値が下がるトラブルになります。

主な二次被害の症状は以下のようなものがあります。

壁の内部など木材が湿気を帯びて腐敗


建物内部に雨水が侵入すると、壁の中や床下などにも水が到達するため、木材が腐食してボロボロになってしまいます。


シロアリの発生


シロアリは湿った木材を好むため、雨漏りしている建物は繁殖しやすい環境と言えます。壁の内部や柱、床下など様々な場所の木材を食べ続けるので、実際に柱が丸々一本無くなっていたというケースもあります。

シロアリの発生は建物の耐震性を低下させて、最悪の場合は倒壊させてしまうほどの影響を及ぼしますので、非常に深刻な症状です。


ダニやカビの発生


雨漏りによる湿気でダニやカビが発生する場合があります。カビは塗料や接着剤も好むので、クロスの裏に大量に発生していたというケースも多いです。

また、ダニやカビはシックハウス症候群やアレルギー症状などの健康被害を引き起こす恐れもあります。


漏電、電化製品の故障


室内に侵入した水が家電製品やブレーカー、コンセントなどを濡らすと製品が故障する可能性があります。さらに、漏電すると感電や火災に繋がる危険性もあります。


家財の水濡れ


ソファーやテーブルなどの家財が水で濡れて使えなくなると、新しく買い替える必要があるため費用がかかります。また、思い出の写真や仕事で必要な書類やデータなども濡れると、費用面と精神面で大きなダメージを受けてしまいます。


シミやカビ臭は二次被害が発生しているサイン


壁や天井にシミができている場合は、すでに雨漏りが進行している状態と言えます。また、カビ臭は雨漏りが原因で、壁の中にカビが大量に発生している可能性もあるので要注意です。

シミやカビ臭は雨漏りの二次被害が発生しているサインなので、発見したら業者に依頼して早急に対処する必要があります。


二次被害が進行すると高額な修繕費が必要


雨漏りの症状や被害や軽度の場合は、部分的な補修や交換などで対応できます。

しかし、二次被害が進行している場合は、木材の腐食やシロアリの発生などによって建物全体がダメージを受けている状態なので、部分的な処置では対応できずに大掛かりな修繕工事が必要になります。

初期段階で雨漏りを発見できれば修繕費用も抑えられるので、日頃から気にかけてチェックしてみたり、気になることがあれば専門業者に相談することが大切です。


まとめ

雨漏りの一次被害は建物内部に水が浸入すること、二次被害は一次被害が引き金となって木材の腐敗やシロアリ、カビなどが発生することです。

一次被害を見つけた時には、すでに二次被害も進行している可能性が高いので、発見したら早急に対処することが重要です。

また、雨漏りは建物全体に深刻な影響を与え、家の価値を最も下げる症状なので、二次被害が発生しているサインを見逃さないようにすることが大切です。

お問い合わせ

塗装の基礎知識

見積書や各工程

業者選びについて

塗料について

雨漏り修理について

会社概要

ページトップへ戻る