仙台・宮城県の塗装はペイントスタッフ!1級建築塗装技能士、雨漏り診断士

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-97-3443
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム

雨漏り、すが漏れ、水漏れの違い

建物内部に水が侵入していると雨漏りを思い浮かべますが、実は水が侵入する現象は「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」の3種類あります。

それぞれ侵入経路や原因、対処方法が違うため、状況に適した判断をすることが大切です。このページでは雨漏り、すが漏れ、水漏れの違いについて紹介します。

水が建物内部へ侵入する現象は3種類ある

建物内部へ水が侵入する現象は「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」の3種類あります。

水が侵入していると建物全体に大きな影響を及ぼすので早急な対応が必要になりますが、原因がわからなければ正しい処置ができないため、まずはきちんと原因を調べることが重要です。

雨漏り すが漏れ 水漏れ
起因 生活水
侵入経路 屋根・外壁 屋根 排水管
原因 経年劣化・破損・施工不良 雪解け水の再凍結 経年劣化・破損・施工不良

雨漏りの特徴


雨漏りとは、雨水が建物外部から内部に侵入することです。主に雨の日に症状が現れるため、雨の日に天井や壁が濡れていたりシミができる場合は、雨漏りの可能性が高いです。


雨漏りの原因

原因は外壁や屋根、サッシ周りなど建物全体の経年劣化や破損、また施工不良により防水機能が発揮できていない場合が挙げられます。

すが漏れの特徴


すが漏れは屋根に積もった雪が起因となって発生します。そのため、雪が降る時期にだけ水が侵入して雨漏りの症状が起こります。


すが漏れの原因

屋根に積もった雪が溶けて再び凍結すると屋根の隙間を塞ぐため、水を排水する経路が絶たれてしまいます。そして、排水されずに溜まった水が屋根内部や防水シートも劣化させて、やがて室内にも水が侵入します。

水漏れの特徴


水漏れは、生活水が原因で発生します。水道の請求金額が高くなったり、キッチン下の収納部が湿っている場合は注意が必要です。また、水道管が通っていると思われる外側の基礎が雨も降っていないのに濡れている場合は、水漏れの可能性があります。


水漏れの原因

原因は排水管の不具合や破損、凍結による破裂などです。排水管にゴミや固形物が詰まると水が流れずに逆流してしまうこともあります。

まとめ

建物内部に水が侵入する現象は「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」の3種類に分類されます。それぞれ原因は雨、雪、生活水と様々なので、いつどこに水が侵入しているのかを把握しおくことが大切です。

また、室内に水が侵入していたりシミがあると雨漏りを疑いますが、ご自身で判断せずにきちんと業者に原因を究明してもらい、正しい方法で対処することが重要です。

お問い合わせ

塗装の基礎知識

見積書や各工程

業者選びについて

塗料について

雨漏り修理について

会社概要

ページトップへ戻る