仙台・宮城県の塗装はペイントスタッフ!1級建築塗装技能士、雨漏り診断士

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-97-3443
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム

塗装業を行う業者の種類

外壁・屋根塗装を行う業者は、塗装専門店以外にも、ハウスメーカーや工務店、家電量販店など数多くの業者が存在します。

依頼する業者によって、金額や工事内容、仕上がり具合に大きな差がでてしまうため、信頼できる業者を選ぶためには、正しい知識を身につけることがとても重要です。

このページでは、タイプ別に業者の特徴、業者選びのポイントについて紹介します。

タイプ別、業者の特徴

ハウスメーカー


お家を建てたハウスメーカーの場合、外壁や屋根にどんな材料が使われていたか、過去にどんな補修をしたかなど、全てのデータを把握しています。

そのため、把握しているデータから適切な塗料や施工方法をスムーズに検討することができるというメリットがあります。

施工を行うのはハウスメーカーの従業員ではなく、下請け業者が行うため中間マージンが発生します。また、大手ハウスメーカになればなるほど、人件費や広告宣伝費などに使うお金が必要になるため、塗装専門店に比べ価格相場が割高になることが多いです。


工務店


ハウスメーカーに比べ小規模で地元地域に密着した業者が多いのが特徴です。そのため、大手ハウスメーカーと比べると、人件費や広告宣伝費を抑えることができます。

工務店は、主に新築工事を扱っています。中には大工工事ばかりで、外壁・屋根塗装の経験がほとんどない工務店もあるので注意が必要です。外壁・屋根塗装の施工実績を確認するようにしましょう。

また、ハウスメーカー同様に、施工を下請け業者が行っている場合には、中間マージンが発生します。



リフォーム会社


内装や外構などリフォーム全般を手がける業者です。外壁・屋根塗装と一緒に、トイレやキッチンなどの内装や、エクステリアなどの外構工事を依頼することができるというメリットがあります。

リフォーム会社には、塗装専門業者がリフォーム工事を始めた場合と、内装や外構工事などのリフォーム工事を行っていた業者が塗装工事も始めた場合の2パターンがあります。

リフォーム工事を行っていて、塗装工事を後から始めた業者には、外壁・屋根塗装の経験が少なく、知識や経験の少ない場合や下請け業者が施工する場合があるので注意が必要です。


家電量販店


リフォーム会社と同様に、内装や外構などリフォーム全般を手がける業者です。多くの場合、施工は下請け業者が行う場合がほとんどです。下請け業者が施工を行う場合には、中間マージンが発生します。

家電量販店では、独自のポイント制度を導入している場合が多く、貯まったポイントが使えるというメリットがあります。


塗装専門店


塗装工事を専門に行っているので、外壁・屋根塗装の経験や知識が豊富です。

施工は、自社職人で行うか、自社職人を管理者として置き協力会社と一緒に施工する場合があります。下請け業者に丸投げではなく、自社で施工を行う業者では、中間マージンが発生しません。

塗装の技術力が高く、地元地域に密着した業者が多いので、地域性に合わせた高品質な施工を行うことができます。


業者の選び方のポイント

自社施工の業者を選ぶ


業者を選ぶ際には、自社施工の業者を選ぶことをお勧めします。

自社施工の業者を業者を選ぶことで、中間マージンなどの余計な費用を抑えることができ、適正な価格で塗装を行うことができます。

また、見積もりから施工まで自社の職人が施工を行うので、「営業担当と職人の間で指示が混乱してしまい、営業担当へ依頼した内容が施工に反映されなかった…」というトラブルを避けることができます。


塗装工事許可証を確認する


塗装工事許可証を取得するには、一定年数の実務経験や指定される様々な条件をクリアする必要があります。

また、過去に不正や不誠実な行為が明らかにない業者と各都道府県から許可を受けた業者のみ取得することができるので、塗装工事許可証の有無は業者を選ぶ際の重要な判断基準となります。


一級塗装技能士の資格を確認する


一級塗装技能士とは、実務経験が7年以上なければ受験することができない国家資格です。資格を取得するためには、実技試験と学科試験両方の試験に合格する必要があります。

そのため、一級塗装技能士の資格を保有している業者であれば、一定以上の技術や知識を持っている業者かどうかの判断基準となります。


訪問販売には注意が必要

全ての訪問販売が悪いというわけではありませんが、悪質な訪問販売の場合、下請け業者へ施工を丸投げして、その後のフォローもしてくれないような業者もあります。

下の表は、独立行政法人国民生活センターが発表しているリフォーム工事での訪問販売による被害の相談件数です。

訪問販売によるリフォーム工事※

年度 2017 2018 2019 2020
相談件数 7222 7997 6385 5863
(前年同期 5550)

点検法

年度 2017 2018 2019 2020
相談件数 5415 5683 5758 4687
(前年同期 4004)

相談件数は2020年12月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)
データー参照元:独立行政法人国民生活センター

塗装工事だけではなく、全てのリフォーム工事が対象のデータですが、中でも塗装工事に関する被害が一番多いと言われてます。

塗装工事は他のリフォーム工事とは違い、完成後の表面は手抜き工事をされていたとしても表面は綺麗に見えてしまいます。

そのため、完成直後に手抜きをされたか判断することが難しく、数年も持たずに塗装が剥がれ落ちてしまうというケースもとても多いので訪問販売での契約には非常に注意が必要です。

訪問販売がきたとしても即決はせず、必ず複数社で見積もりを取り比較することをオススメします。

まとめ

塗装業を行う業者には、大きく分けて5つの種類に分けることができます。その中でも、塗装専門店者は、施工は自社職人で行う場合がほとんどで、経験や知識も豊富なのでオススメです。

外壁・屋根塗装では、業者の選び方のポイントでお話したように、業者の資格や施工実績などをしっかりと確認し、信頼できる業者を見つけることが重要です。

お問い合わせ

塗装の基礎知識

見積書や各工程

業者選びについて

塗料について

雨漏り修理について

会社概要

ページトップへ戻る