仙台・宮城県の塗装はペイントスタッフ!1級建築塗装技能士、雨漏り診断士

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-97-3443
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム

外壁・屋根塗装で使う足場面積を計算する方法

外壁・屋根塗装では、屋根や2階部分など高所の作業が多くなるため、必ず足場の設置が必要となります。そして足場の費用は、足場の面積によって大きく変わるため、まずは自分の家の足場面積がどのくらいなのかを知っておくことが大切です。

このページでは、外壁・屋根塗装で使う足場面積を計算する方法と足場の種類、単価にについて紹介します。

足場面積を計算する方法

足場面積は建物の外周がわかれば、おおよその大きさを計算することができます。

建物の外周から足場の外周を計算する


まずは足場の外周を計算します。足場は建物から0.5m離して設置するため、建物の外周よりも一回り大きくなります。

例えば縦5m、横9mの建物の場合は、次のような計算式になります。

縦の長さ:(0.5m+5m+0.5m)×2面分=12m
横の長さ:(0.5m+9m+0.5m)×2面分=20m
足場の外周:12m+20m=32m


足場の外周から足場面積を計算する


足場の外周が計算できれば面積を算出できます。また、足場の料金も計算することもできます。

計算式は次の通りです。高さは6m、足場の単価は800円と仮定しています。

足場の面積:32m×(6m+0.5m)=208㎡
足場の料金:208㎡×800円=166,400円


坪数ごとの足場面積

業者によって面積の出し方や単価が異なるため、同じ建物でも見積書に記載されている面積や料金も違ってきます。そのため、数社に見積りを依頼して全く同じ数字になるということは、ほぼありません。

ですが、建物の坪数にごとにおおまかな足場面積と料金相場がありますので、見積もり内容が適正かを判断する目安にはなります。あまりにも数字が相場とかけ離れている場合は注意しましょう。

坪(延べ床面積) 2階建て 足場面積 単価(㎡あたり800円で計算)
20坪 150~164㎡ 120,000~131,200円
25坪 165~179㎡ 132,000~143,200円
30坪 180~194㎡ 144,000~155,200円
35坪 195~209㎡ 156,000~167,200円
40坪 210~224㎡ 168,000~179,000円
45坪 225~239㎡ 180,000~191,200円
50坪 240~254㎡ 192,000~203,200円

住宅の塗装で使う足場の種類

単管足場

単管足場は丸い鉄パイプを2本並べて、そのパイプに足を乗せるタイプの足場です。安全性が低いためあまり使用されませんが、狭い場所では使われる場合があります。

費用は㎡あたり600円~800円程度です。

単管ブラケット足場

単管ブラケット足場は、単管パイプの上に板を乗せた足場です。板の上に足を置くので安全性が高く、作業もしやすくなります。ただし、足場を固定するときに使うボルトが緩むと揺れやすくなったり、設置に時間かかるデメリットもあります。

費用は㎡あたり600円~1,200円程度です。

クサビ(ピケ)足場

クサビ(ピケ)足場は、設置するときにボルトなどは使わず、ハンマーで叩きながら差し込んで組み立てる足場で、現在の主流のタイプになります。足場が広いため安全性が高く、ボルトが緩んで揺れる心配もありません。しかし、ハンマーで叩くときに大きな音が発生するので、近隣の方への配慮が必要です。

費用は㎡あたり600円~1,200円程度です。

まとめ

足場の面積は、建物の外周から計算することができます。そして、面積がわかれば足場にかかる料金も算出することができます。足場の種類は3種類あり、現在主流なのはクサビ(ピケ)足場で単価は800円程度が相場です。

悪徳業者の中には、足場の面積を実際より大きく出して相場よりも高い足場料金を提示する業者も多いので、おおまかな面積と料金を把握しておくと良いでしょう。

お問い合わせ

塗装の基礎知識

見積書や各工程

業者選びについて

塗料について

雨漏り修理について

会社概要

ページトップへ戻る