仙台・宮城県の塗装はペイントスタッフ!1級建築塗装技能士、雨漏り診断士

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0120-97-3443
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム

サイディングやサッシの繋ぎ目を補修するコーキング(シーリング)の補修費用

サイディングの目地部分やサッシ周りの繋ぎ目には、コーキングと呼ばれるゴム状の充填材が注入されています。

コーキングは外壁や屋根と同じように、劣化すると剥がれやひび割れを発生させるため、定期的なメンテナンスが必要です。もしメンテナンスを怠ってしまうと、隙間から雨水が侵入して雨漏りに繋がる可能性もあります。

このページでは、コーキングの種類や補修方法、費用などについて紹介します。

コーキングとは

コーキングとは、外壁材と外壁材の間や外壁材とサッシの間など、建物に生じる隙間を埋めるために用いられるゴム状の充填材です。

建物は常に動いているため、家が揺れた時でも弾力あるコーキングが衝撃を分散させて、クッションのような役割を果たしてくれます。もし建材同士がくっついていると、揺れた時に建材がぶつかり合ってひび割れを起こしてしまいます。

また、建物の隙間を埋めて建物内部に水が侵入することを防ぐため、コーキングには防水性を確保するという目的もあります。

コーキングとシーリングの違い

日本工業規格(JIS)では次のように定義されています。

油性コーキング 展色材(天然油脂,合成油脂,アルキド樹脂など)と鉱物質充てん(填)剤(石綿,炭酸カルシウムなど)を混合して製造したペースト状のシーリング材。相対変位の小さな目地のシールに使用される。
シーリング材 構造体の目地,間げき(隙)部分に充てん(填)して防水性,気密性などの機能を発揮させる材料。

また、専用のガンで押し出して施工するものをコーキング、あらかじめ形が決まっているものをシーリングと呼ぶ場合もあります。

しかし、実際はあまり区別されておらず同義語として使われているため、コーキングとシーリングは同じものだと思っておいて問題ありません。

カートリッジと2液タイプがある

コーキングは、1液型のカートリッジタイプと2液型タイプの2種類に分類されます。

1液型のカートリッジタイプは、空気中の水分や酸素などによって自然と硬化するコーキングです。ホームセンターで購入することができるため、DIYや施工範囲の狭い箇所に用いられます。

2液型タイプは、硬化剤を混ぜたときに発生する化学反応によって硬化するコーキングです。専用の撹拌機やガンが必要になり、取り扱う際も専門の知識が求められるので業者向けと言えます。

先打ちと後打ちの違い

コーキングを施工するタイミングは、塗装する前に充填する「先打ち」と塗装した後に充填する「後打ち」の2通りあります。どちらの方法で施工するかは業者によって異なり、それぞれメリット・デメリットがあります。

先打ちのメリット・デメリット

塗装の前にコーキングを充填するとコーキングの上に塗装できるので、塗膜が紫外線や雨風などからコーキングを保護し、外気の影響による劣化を防げるメリットがあります。

ただし、乾燥した塗膜はコーキングのような弾力性は無く硬いため、上に塗装した塗膜がコーキングの動きに追従できずひび割れてしまう場合があります。そのため、コーキングが割れているわけでは無いので防水性に問題はありませんが、美観が損なわれてしまいます。

後打ちのメリット・デメリット

塗装の後にコーキングをするため、塗膜がひび割れるという心配はありません。また、コーキングの色も様々なので、外壁の色と異なる色を選んでデザイン性を高めることもできます。

しかし、紫外線や雨風から守ってくれる塗膜が無いため、先打ちと比べると劣化が早く、耐久性が劣ってしまうデメリットがあります。

コーキングの種類

ポリウレタン系

弾力性や耐久性に優れており、サイディングやALCの目地部分に使われることがあります。ただし、耐候性や耐熱性は劣ります。

変成シリコン系

外壁塗装や水回り、板金部など内外装のあらゆる箇所に対応しているため、建築業界では一般的によく使われるコーキングです。カラーも豊富にあり、コーキングの上から塗装する事も可能です。

デメリットとしては、シリコン系よりも耐久性が低く、ウレタン系と比べると密着性が劣ってしまいます。

ウレタン系

弾力性や密着性に優れているため、サイディングの目地やコンクリートのひび割れ補修などで使用されます。

ただ、紫外線に弱く、ホコリが付着しやすいデメリットもあるので、コーキング充填後は塗装で保護する必要があります。

アクリル系

水性のコーキングで扱いやすく、価格も安い特徴があります。

新築の施工で使われることがありますが、耐久性が低く、肉痩せと呼ばれる劣化症状が起こりやすいので、リフォーム工事ではほとんど使用されません。

シリコン系

耐久性、耐候性、耐熱性、耐水性が高く、浴槽やキッチンなどの水回りに適しています。

ただし、優れた耐水性によって水を弾くため、上から塗装しても直ぐに剥がれてしまいます。そのため、外壁塗装には向いていません。

コーキングの劣化症状

シワ・ヒビ割れ

シワやひび割れは、紫外線による影響や地震、車などの振動が原因で起こります。

コーキングに亀裂が入るとそこから雨水が侵入して、やがて建物内部に水分が広がり、最終的には雨漏りやシロアリなどが発生する恐れがあります。

痩せ

コーキングに含まれている可塑剤が表面に溶けだしてしまい、厚みがなくなっている状態です。これを「肉痩せ」と言います。

放置していると隙間から雨水が侵入したり、コーキング自体が剥がれてしまう場合があります。

ベタベタし柔らかくなる

溶けだした可塑剤が表面に移行するとベタベタすることがあります。さらに、溶けだした可塑剤が塗料や汚れと反応すると、黒ずみや変色などを引き起こす「ブリード現象」が発生しやすくなります。

その他の原因として硬化不良によってベタベタすることがあり、そのような場合は綺麗に取り除いて施工し直す必要があります。

打ち替えと打ち増しの違い

コーキングの施工方法には、既存のコーキングを全て撤去してから新しいコーキングを充填する「打ち替え」と、既存のコーキングを撤去せずに上から新しいコーキングを充填する「打ち増し」の2種類あります。

打ち替えの方が全てのコーキングを新しくするので防水性や耐久性が高くなりますが、コーキングを撤去する手間や費用がかかります。また、打ち増しはどのような状況でも対応できるわけではなく、コーキングの劣化が少ない場合に限ります。

どちらの施工方法を採用するかは、劣化状態や業者の判断によって異なります。

コーキングの補修方法と施工単価

サイディングのコーキング

サイディングのコーキングを補修する際は、外壁塗装と一緒に行うのが一般的です。コーキングは高所作業が多くなるため、外壁塗装とまとめて施工すれば足場の設置も一度で済み、費用も抑えられます。

また、コーキングの耐用年数は約10年なので、外壁塗装をする頃には既にコーキングも劣化していることが考えられるため、打ち替えで行うのがほとんどです。打ち増しで行うと劣化が早まったり、すぐに剥がれてしまう場合があります。

サッシのコーキング

サッシのコーキングは打ち増しで行うことが多いです。

理由は2つあり、まず1つ目はサッシのコーキングはサイディングのコーキングに比べて劣化が少なく、打ち増しでも十分に機能を発揮できるためです。2つ目はサッシのコーキングは内側には防水テープが貼られているので、コーキングを撤去するときに防水テープを傷つけてしまう可能性があるからです。

サッシや窓周りは雨漏りを引き起こしやすい箇所になるため、コーキングでしっかりと隙間を埋め、防水性を高めることが大切です。

作業の流れ

作業工程は次の通りです。

1.カッター等で既存のコーキングを全て撤去する。(打ち替えの場合)
2.コーキングや汚れ、ホコリなどが残らないように綺麗に掃除する。(打ち替えの場合)
3.コーキングを施工する際に外壁が汚れないよう、両端にマスキングテープを貼り養生する。
4.プライマーと呼ばれる、接着剤の役割を果たす下塗り材を塗布する。
5.専用のガンでコーキングを充填し、ヘラで平らにならしていく。
6.養生を撤去して乾燥させる。

施工単価

コーキングの施工費用は、打ち替えが㎡あたり700~1,200円、打ち増しが500~900円程度です。

一般的な戸建てでサイディングのコーキングを施工する場合は、打ち替えで20万前後、打ち増しで15万円前後が相場になります。

まとめ

コーキングは建物に生じる隙間を埋めて建材が傷つくのを防いだり、雨水が建物内部に侵入しないように防水性を高める役割があります。そして外壁や屋根と同じく、紫外線や自然災害などの影響を受けて劣化していくため定期的なメンテナンスが必要です。

施工するタイミングは先打ちと後打ち、施工方法は打ち替えと打ち増しがあり、それぞれメリット・デメリットがあるので理解しておくことが大切です。また、どのような方法で施工するのかは劣化状態や業者によって異なるため、工事が始まる前にきちんよ確認しておくようにしましょう。

お問い合わせ

塗装の基礎知識

見積書や各工程

業者選びについて

塗料について

雨漏り修理について

会社概要

ページトップへ戻る